自動車税・軽自動車税のコストは?車種やエコカー減税で比較!

17
自動車は走る税金と言ってもいいくらい様々な税金がかかってきます。購入時に発生する消費税を除くと3つの税金があります。

  • 自動車税(軽自動車税)
  • 自動車取得税
  • 自動車重量税

この記事では毎年4月に支払う自動車税・軽自動車税について解説します。

自動車税・軽自動車税の額はいくら?いつ払うの?

毎年4月1日現在の自動車の保有者に課せられる税金です。知らない人も多いと思いますが、自動車税は都道府県税、軽自動車は市町村税となります。名前の通り、軽自動車税は軽自動車の所有者にかけられる税金で、自動車税はその他の自動車の所有者にかけられる税金です。

軽自動車税

軽自動車税はわかりやすく年額10,800円です。以前は7,200円でしたが2015年4月1日に値上げされてしまいました。

ちなみに購入年は支払う必要が無いので、4月2日に購入すればほぼ丸1年分、軽自動車税を支払わずに乗ることができるのでお得です。逆に4月1日に購入すると、翌日購入するよりも10,800円余分にコストが発生してしまいます。

自動車税

自動車税は軽自動車税と異なり、排気量で税額が変わってきます。また、購入時には月割計算により、課税される点も軽自動車税と異なります。
自家用乗用車の排気量別自動車税の一覧はコチラです。

総排気量 自動車税年額
1リットル以下 29,500円
1リットル超1.5リットル以下 34,500円
2リットル超2.5リットル以下 45,000円
2.5リットル超3リットル以下 51,000円
3リットル超3.5リットル以下 58,000円
3.5リットル超4リットル以下 66,500円
4リットル超4.5リットル以下 76,500円
4.5リットル超6リットル以下 88,000円
6リットル超 111,000円

エコカー減税

上記の支払金額が自動車税・軽自動車税の基本となりますが、現在、車種によってエコカー減税という減税が適用される場合もあります。減税額を表にしたのがこちらです。

次世代自動車
(電気自動車、
燃料電池自動車、
プラグイン
ハイブリッド自動車、
クリーンディーゼル車、
平成32年度燃費基準
+20%達成車)
ハイブリッド自動車、ガソリン自動車
平成17年排出ガス基準75%低減レベル
平成32年度燃費基準 +10%達成車 平成32年度燃費基準 達成車 平成27年度燃費基準+20%達成車 平成27年度燃費基準+10%達成車 平成27年度燃費基準+5%達成車
普通
乗用車
軽自動車 普通乗用車 軽自動車 普通乗用車 軽自動車 普通乗用車 軽自動車 普通乗用車 軽自動車 普通乗用車 軽自動車
自動車取得税 全額免除 80%軽減 60%軽減 40%軽減 40%軽減 20%軽減
自動車重量税 全額免除 75%軽減 50%軽減 25%軽減 25%軽減 25%軽減
自動車税・軽自動車税 75%軽減 50%軽減 75%軽減 25%軽減 75%軽減 25%軽減 50%軽減 減税なし 50%軽減 減税なし 減税なし

自分の車、購入予定の車がどこに入るかわからない方は国土交通省のホームページから確認してみてください。

私はスズキの軽自動車、アルト(車両型式DBA-HA35S)を所有しているので、「平成32年度燃費基準+20%達成車」となり、軽自動車税が50%軽減され、5,400円となります。

エコカー減税はいつまで(何回)適用されるのか

さて、勘違いしやすいのが優遇措置の回数。毎年かと思う方もいるかもしれませんが、購入の翌年度の1回のみです。次の年からは通常通りの税額を納めなければいけません。

これは自動車重量税と自動車取得税にかかるエコカー減税でも同じことなので、勘違いしないようにして下さいね。

また、自動車税(軽自動車税)へのエコカー減税は平成28年3月31日までの新車登録車を対象としているので、それ以降の購入の場合はどうなるかわかりませんのでご注意下さい。

スポンサーリンク
adsence
adsence

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adsence