コンタクトの度数の調べ方!コンタクトレンズ購入はネット通販で節約【D・BC・DIA・PWR・P・SPHとは】

36
まだ眼科でコンタクト買ってるの?

コンタクトレンズを着用している人の多くは眼科でコンタクトレンズを買っていると思います。しかしネットで買えばかなり安くなります。消耗品なので何十年単位で考えると数十万円は節約できると思いますよ。

ネットで販売しているものも眼科で販売しているものも、同じメーカーの同じ商品が売っているので、安心して購入できます。

コンタクトレンズの度数の調べ方

コンタクトレンズをネット上のお店で買うときは自分で度数などを調べる必要があります。といっても何も難しいことはなく、いつも着用しているコンタクトレンズの箱が手元にあれば普通に書いてあります。

※初めてコンタクトレンズを買うという方は、眼科で検査を受けて一箱はそこで買うのが良いと思います。その後、そのコンタクトレンズで使用に問題がなければ、同じ種類のものをネットで購入するのがオススメです。

コンタクトレンズの箱を見るとアルファベットとともにいくつかの数字が書いてあります。

35

D/PWR/P/SPH/POWER:レンズ度数

これが一番重要です。メーカーによって表記の仕方は違いますが、すべて度数を表しています。上の画像では「D」の横に書いてある、-4.75という数字ですね。

数値がプラスは遠視用、マイナスは近視用、0なら度なしです。ちなみに度数から裸眼の視力は以下の公式で求められます。

0.4/度数=裸眼視力

私の場合は0.08くらいですね。もちろんこの計算で度数を出して、最初からネットで購入したりするのはオススメはしません。眼科できちんと検査を受けて下さいね。

BC:ベースカーブ

コンタクトレンズはおわん型にカーブしていますよね。そのカーブの曲がり具合を表した数値がベースカーブです。画像では8.3となっています。数値が小さいほどカーブが大きく、大きいほどカーブが小さくなります。

このカーブが眼球の曲線と合わないと違和感を感じたり、ずれやすくなる可能性があります。ただソフトコンタクトレンズは素材が柔らかくて目にフィットするので数値が多少違ってもあまりわからないと思います。

ハードコンタクトの場合は元々ソフトより落ちやすい上に、このベースカーブが合っていないとさらに外れやすくなってしまうので、注意が必要です。

DIA:レンズ直径

コンタクトレンズの直径の大きさをミリ単位で表しています。私のは直径14ミリですね。こちらはメーカーによって統一されていることがほとんどなので、購入時、自分で入力したりすることはないかと思います。

CYL:乱視度数

乱視の程度を表す数字で、数値が大きいほど乱視の度合いが強くなります。私は乱視ではありませんので、画像にはこの数値はありません。

AXIS:乱視軸

乱視の角度を表す数字で、0~180度で表されます。こちらも画像には書いてあります。

コンタクトレンズをネットで購入して大丈夫?

今まで眼科でコンタクトレンズを買っていた方はネットで買うことに不安を感じるかもしれません。しかし同じ商品を売っているので基本的に問題はありません。

その商品の偽物が出回っているなら話は別ですが・・・。財布やカバンなどのブランド物と違って、コンタクトレンズの偽物はあまり聞いたことがありませんし、そんな事態になっているならネットで買おうが眼科で買おうがリスクは同じです。

あと勘違いしている方がいるかもしれませんが、コンタクトレンズを買うのに処方箋はいりません。なぜならコンタクトレンズは医薬品ではないからです。なので薬事法上、処方箋を提出する義務はありません。

ということで、度数などがわかっているなら、ネットでの購入がオススメです。

ネットでコンタクトレンズを購入するオススメのお店は?

私はこのお店で買っていますが、他にもネットでコンタクトレンズを売っているお店はたくさんあるので、自分の買っている種類のものが安いお店を探してみてください。

アットコンタクト

スポンサーリンク
adsence
adsence

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adsence